Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レベルが上の人と組むと端的に緊張

明らかにレベルが上の人と組むと端的に緊張

極端に緊張するとミスをよくしてしまい、参加を躊躇している。

バドミントンで自分の実力より明らかにレベルが上の人と組むと極端に緊張してつまらないミスをしてしまいます。

そして、ずっとすみませんと謝りっぱなし。

  • うまい人に迷惑をかけたくない
  • 下手なプレーは見せたくない
  • 「なにやってんだ!」と口に出さずとも、そのような雰囲気を感じ取ってしまったら、負のスパイラル
  • 更にミスを連発

こんな状態で戦国に参加して、もし私より明らかにレベルが上の方と組んでしまい負のスパイラルにハマったら、どうしよう。

って考え、参加を躊躇してします。

  1. アドバイス
  2. 賛成派
  3. 否定派
  4. アピール

結論「BASARAからのアドバイス」

戦い、立ち上がる意志があるなら参戦すべきじゃ。

レベル低い方の人は「現状をありのままに受け入れる事じゃ。」

そなたの悩みは、日常茶飯事と言っても良い。レベル低い方は落ち込み、レベル高い人は組みたくなくなり、結果そのペアが物別れ。

複数での競技の悲劇はバドミントンに限らずスポーツの世界ではよくあると言っても良い・・。

わらわから言える事は、何度も場数を踏んで経験値を得ることじゃ。

そして、今のそなたのレベルにあったプレーしかできない事を悟るのじゃ。
悟る事により、変に背伸びのプレーをしたり、緊張して、不必要に消極的なプレーをする事がなくなり、良い意味で開き直ってプレーができるようになれば、きっと実力を出し切れるはずじゃ。

とにかく場数を踏むことじゃ。

人間誰でも完璧ではない。

バドミントンがすっごく上手くても、片手で足りないほど情けない
失敗談がその者にもいくらでもあるはずじゃ。

上級者の胸を借りていけば、自然と上級者のプレーが体に染み付いて、知らず
知らずの間に「天下の大将軍」への近道にいる事にに気がつくはずじゃ。

そしてそなたが、逆の立場にたち自分よりレベルが低い人と組む場合は、単純に暖かい目で見て
あげる事で人生でもっとも大切なものを得ることができるはずじゃ。

人生、義理と人情に勝るものはない。

賛成派の意見・主張

否定派の意見・主張

クラブのアピールポイント

参戦検討中(他の悩み)

バドミントンクラブ「本陣」

そなたからのバドミントンクラブ合戦の参戦お待ちしておる。「武運を」

ホーム

雰囲気を知る

参戦方法

合戦日

参戦状

PAGE TOP